2010年07月20日

2010 07月17日(土)・07月18日(日) 山里学校7月講座「お母さんの果樹と畑へ行こう!」

? 014.jpg 2010山里学校第3回講座は、旭地区の「板取の家」でブルーベリージャムとトマトケチャップ作りです。講師は料理上手な農家のお母さん、伊藤美寿代さん。
 子どもさん2人を含む10名の参加。まずは伊藤さん家のブルーベリー畑へ。今年は大豊作とのこと。
 摘んだブルーベリーでジャム作りと続けて真っ赤な完熟トマトでトマトケチャップ作り。伊藤さんの教えてくれるレシピはとても簡単でおいしく好評です。ジャムは伊藤さんが焼いてくれた紅茶のパンで試食、トマトケチャップは夕ご飯のパスタに変身。沢山の夏野菜とともに頂く食事にみなさん大満足。 
 翌日は竹講師の安藤さんと山から竹を切りだして箸と器づくり。 自分たちで作った食器で流し冷麦を楽しみました。冷たい井戸の水で流す冷麦はとてもおいしく、また冷麦と共に流れてくるぶどうやきゅうり、トマトをつかまえるのにみんな四苦八苦。そして子ども達には大きな古民家は遊び場にもなったようです。

posted by くまくま at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 山里学校

2010年07月10日

2010 07月08日(木) 会員研修会A「ブルーベリー畑と加工」

 農山村ネットワーク会員のための研修会第2弾は、旭地区の伊藤美寿代さんから習うブルーベリージャムづくり。今回は新規の会員さんも加わり11名の参加。
 ブルーベリー畑には色々な品種が植えられていて、大きな粒や小さな粒、甘いのやら甘酸っぱいのと大きさも味も色々。味見をしながらの収穫です。
 ブルーベリージャムづくりはとても簡単でおいしくできました。旭地域会の鈴木正晴さんに教えてもらって炭火焼きパンも手作りし、作ったジャムを試食。手作りのパンとジャムは大好評。ナスを炭火で焼いたり、美寿代さんの作る「梅ドレッシング」でサラダを作り、旬の野菜もたくさん頂きました。
 「採れたてがおいしい」「短時間で何種類も教えてもらえた」「これからこういう交流事業をやっていきたい」と参加者。今回は新規の会員さん3名も加わり、農山村ネットワークの人のネットワークが新たに広がり、情報交換の場にもなったようです。
posted by くまくま at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 会員研修

2010年07月01日

2010 06月27日(日) 山里学校6月講座「森の息吹を身にまとう草木染」

? 012.jpg 2010山里学校第2回講座は、稲武地区どんぐり工房で草木染を行いました。
 講師の村田牧子さんは草木染に造詣が深く頼もしい先生です。
参加者12名、朝から雨降る中、カッパを着て野原から染めの材料となる「クズとアカソ」の採取から始まりました。人数がいるとたくさんの材料もすぐに集まります。
 ハサミや押し切りを使って材料をひたすら刻み、その材料を煮て染液を作ります。その間にスカーフ・エコバック・のれんなどにビー球や割り箸、ひもを使って想い想いの模様をつけます。
 染液に浸した布を水洗いして模様を確かめる瞬間が一番ドキドキ。アカソは茶色がかった赤に、クズは緑色に染め上がりました。色も模様もさまざまな作品が物干しにズラッと並ぶ様は見事です。その頃には晴れ間も出て布を乾かすのに一役。
「身近な雑草でできるんだ」「模様が想像したものと違っていた」「一番液、二番液でも色が違うなんて」参加者のみなさんは、身近な草で出来る草木染の奥深さを感じられたようです。

posted by くまくま at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 山里学校