2010年09月28日

『子どもの成長』『農山村の誇り』つなげる2泊3日




 セカンドスクール。9月21・22・23日、豊田市立古瀬間小学校と五ケ丘小学校5年生の子ども達が農家などにホームステイして「農山村の暮らし」を体験しました。

 芋掘り、野菜の収穫、稲刈りなど季節の野良仕事。魚つかみ、鶏の世話、竹細工…。食事は自分たちで手づくり五平餅、うどん、パンやピザと受入先家族の指導でスローフード。鳥や虫や風の音、深い空と木々に囲まれた視界。真っ暗な夜の体験。夜の団欒。すべてが貴重な2泊3日。子どもたちに生きる力が新たに宿ったことでしょう。

 今回参加した子ども達は77人。小原、旭、稲武、足助、松平、下山の農山村の家庭に子どもたちは4人ほどに分かれてホームステイ。23軒のホームステイ先家族やインストラクターさんをふくめ受け入れた農山村の方は何と100人以上にのぼりました。

 豊田市のセカンドスクールは5年目になりますが昨年から「とよた都市農山村交流ネットワーク」が受入事業を行っています。受入農家さんや農山村体験のインストラクターさんなど会員は約130人います。

 年度初めから農山村各地域代表の方々と小学校の先生方、市の担当者が2回の「合同検討会」をもち、それぞれの想いを語り子どもを中心に据えた計画を練り上げてきました。夏休み中、先生方といっしょに事前にホームステイ先を回り先生と農家さんがコミュニケーションを取りました。また、各地会ごとに合同の取り組みをするなど、地域での協力も深めました。とりわけ子ども達の抱えるアレルギーなどへの対策については何回も地域会で相談しました。

 農山村を愛し誇りに思う「心」、
未来を担う子ども達の成長を願う「心」がセカンドスクールを支えています。

posted by くまくま at 12:42| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。